充実した自費診療

 インプラント

インプラント治療には、他の治療方法とは比較できない様々な良さがあります。

すっきりとした見た目、天然の歯と同じ噛み心地など、インプラントはご自分の歯に変わる「第2の永久歯」として活躍してくれます。

 

日常生活でのメリット

 

自分の歯と同じように食べることが出来る

 

インプラントは入れ歯と違い、骨にしっかりと固定されていますので、

力をかけて硬い食べ物もしっかりと咬むことができます。

噛みしめることで出てくるお食事の美味しい味を損なうことはありません。

また、お食事のときに食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い、嫌なにおいがする、などの悩みもありません。

歯を気にすることなく、人前で話したり笑ったりすることが出来ます。

入れ歯のように、他の歯にかけた金属が見えることもありませんし、取り外して清掃する必要もありません。

お食事中、おしゃべりを楽しんでいる最中にも、外れることや、歯が見えることを気にする必要がなくなり、

思い切り楽しむことができます。

 

歯の健康についてのメリット

 

歯を失った部分のみ治療が出来、他の歯に負担をかけない

 

これまで失った歯を補うためには、周囲の歯がその負担を担う方法しかありませんでした。

基本的にインプラントは、歯を失った部分のみを治療する方法なので、他の歯を削ったり、

過剰な負担をかける必要はありません。

歯を失った部分の骨がやせない

 

歯を失った後、歯の根を支えていた骨は力の伝達がなくなるためその役割を失い、

ある程度の細さになるまで自然に吸収し、やせていきます。

ブリッジにした場合にもダミーの歯の下の骨はやせていきますので、次第に食べ物が詰まる、

舌触りが悪くなるなどの症状が出てくる可能性があります。

インプラントならば、咬む力をしっかりと骨に伝えてくれますので時間が経っても骨はやせません。

 

虫歯が大きい場合や神経を取る治療をした歯は、通常クラウンというかぶせ物をします。

セラミッククラウンはかぶせ物の全てをセラミックで作り上げます。

そのため、光を通し自然な美しさをもつクラウンです。

金属を使わないため、金属アレルギーの方にも安心です。

歯ぐきとのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯ぐきの健康にも最適なクラウンです。

 

 オールセラミッククラウン

 オールセラミッククラウンブリッジ

虫歯が大きい場合や神経を取る治療をした歯は、通常クラウンというかぶせ物をします。

メタルボンドポーセレンクラウン歯、金属に歯と同じ色をしたセラミックを特殊な方法で焼き付けて作成するクラウンです。

ご自分の歯と同じ色調や透明感のある歯を再現することが出来ます。

 

 

 

 

 

歯が抜けた部分の隣接に残っている歯をクラウンにして、そのクラウンから歯が抜けた部分をまたいで橋を架けたような

人工歯冠部をブリッジといいます。

ブリッジも金属の上にセラミックを焼き付けて歯を作成したものがメタルボンドポーセレンブリッジになります。

 

 メタルボンドポーセレンクラウン

 メタルボンドポーセレンクラウンブリッジ

歯が抜けた部分の隣接に残っている歯をクラウンにして、そのクラウンから歯が抜けた部分をまたいで橋を架けたような

人工歯冠部をブリッジといいます。

ブリッジも全てをセラミックで作成したものがオールセラミッククラウンブリッジになります。

 前歯が変色している場合、その歯の表層を薄く削り、印象を取り、

 その型により作成したセラミックの歯を貼り付けて色の改善をするものです。

 

 ポーセレンラミネートベニア

 セラミックインレー

奥歯のかみ合わせや、歯と歯の間にある虫歯は通常削って型を取り、金属を詰めて直しますが、

金属の代わりにセラミックを焼成したものを詰めて直すものをセラミックインレーといいます。

 

当院では、アメリカでもっともポピュラーなホワイトニングシステムである「NITEホワイト・エクセル」を行っております。

「NITEホワイト・エクセル」は短期間で安全にかつ効果的にホワイトニングが行えるシステムです。

歯科医師により作成された透明なマウストレーに「NITEホワイト・エクセル」ジェルを用いて使用することが出来ます。

「NITEホワイト・エクセル」の主成分は過酸化尿素です。

日本ではじめて厚生労働省により認可された新しいホワイトニングシステムです。

「NITEホワイト・エクセル」により、今まで困難とされていた着色歯面のホワイトニングも可能になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ホワイトニングの適応ができない歯もございますので、詳しくはスタッフへお尋ね下さい。

 

 ホワイトニング

 義歯による治療

金属床デンチャー

金属床の入れ歯は、保険の入れ歯に比べると、強度的に強くすることが出来ることで、床の厚みを薄くしたり、

外形を小さくすることが可能となります。

更に入れ歯を安定させるための金属のバネ(維持装置)の設計に自由度があるため、

ご自分の歯に負担が少ない形に出来たり、外観上目立たないようにすることが可能となります。

また、金属床は熱を伝えることが出来るため違和感を少なくすることが出来ます

 

磁性体デンチャー

磁力を利用して維持安定をはかる入れ歯です。残っている歯の根を利用して、

超小型磁石を取り付ける事で、ガタツキのない安定した入れ歯が装着できます。

取り外しが簡単で外観も自然な入れ歯に仕上がります。

 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、義歯を残存歯に固定するクラスプ(金属バネ)がないので、

入れ歯をしていることが気づかれにくく、見た目がきれいなので、審美性も求めている患者さまには評判が良く、

大変喜ばれています。

 

① 金属バネがないので、入れ歯だと気づかれにくい。

② 食べかすが詰まりにくく、絡まりにくい。

③ 薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。

④ 金属未使用により、金属アレルギーの心配がない。

スポーツにより歯が欠けたり、折れてしまう」歯の外傷がかなりの頻度で発生しています。そこで歯を守る「マウスガード」。

患者さんそれぞれの歯列に合ったカスタムメイドのマウスガードを装着することをお勧めしております。

 

 

スポーツマウスガードの効果

現在、数多くのスポーツに、マウスガード装着義務化の流れが加速してきております。

その理由は、マウスガードは、ただ歯を守るだけでなく、下記のような色々な効果があることが立証されているからです。

 

① 食いしばりによる顎関節症や歯の磨り減りの防止

スポーツ競技中の過度な食いしばり(ふんばり)により、歯は磨り減り、噛み合わせも変化してきます。

それにより引き起こされる顎関節症を予防する働きがあります。

 

② コンタクトスポーツにおける脳震盪の軽減

衝撃を緩衝するため、衝突による脳震盪の予防に効果があります。

 

③ 運動能力の向上

噛み合わせをカスタムメイドにより均等にすることにより、いつも以上の筋力を発揮したり、

体のブレがなく均等に筋肉が運動します。

 

④ 頭蓋顔面部の骨折や裂創の予防

衝撃により歯が唇に刺さったり、歯を支えている骨が骨折してしまうのを防ぎます。

 

 

マウスガード装着が義務づけられているスポーツ

ボクシング、キックボクシング、K-1、空手の一部、アメリカンフットボール、

ラグビーの一部、ラクロス、インラインホッケー

 

マウスガード装着が推奨されているスポーツ

レスリング、柔道、日本憲法、バスケットボール、グランドホッケー、サッカー、ハンドボール、

野球、バレーボール、ラケットボール、テニス、スカッシュ、水球、体操、トランポリン、

重量挙げ、スキー、スケートボード、スカイダイビング、ハングライダー、馬術、モトクロス、

サイクリング、円盤投げ、砲丸投げ、サーフィン

 

※保険外診療となります。

 スポーツマウスガード

スマートフォンで初回ご予約の患者さま

QRコードをスマートフォンで読み込み空メールをお送り頂くと、登録フォームが送られてまいります。

読み取りのできない場合はこちらに空メールをお送り下さい。

return_202973086@dentareserve.com

Copyright(C)2010-2019 Tanikawa Dental Clinic. All Right Reserved.